少年探偵 響E 嵐の夜の山荘で!?の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 680円+税
発行年月 2019年 7月15日
第2版  2019年 9月10日

「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵響」6巻(角川つばさ文庫のページへ)

「少年探偵 響」6巻の特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)

◆世界的な名探偵・小笠原源馬さんのおともとして山奥の屋敷にやってきた、弟子の響くんと七音ちゃん、そして助手のわたし。
久しぶりに事件をはなれて、旅行を楽しもうと思ったのに…
巨大台風が急にむきを変えて近づいて、とつぜんの停電――そこに、第1の犯行が!?
まわりは怪しい大人たちばかり。いったいだれが犯人なの!?
「おそらく、この事件は、ここで終わらない。おまえたちの手で止めろ!」
響くんと一緒に、わたしもがんばるよ!


少年探偵 響D  探偵の助手を救いだせ!の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 660円+税
発行年月 2018年10月15日
第4版  2019年 6月15日

「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵響」5巻(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵 響」5巻の特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)
◆響の「師匠」の名探偵・小笠原源馬が日本に帰ってくる!響も七音も大喜び。
そんなとき、響の助手・咲希が誘拐された!
同時に響のもとには、源馬の宿敵である「教授」からの犯行声明が…響は咲希を救えるのか!?


少年探偵 響C  記憶喪失の少女のナゾ!?の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 660円+税
発行年月 2017年10月15日
第5版  2019年 5月10日

「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵響」4巻(角川つばさ文庫のページへ)

◆なくした記憶を 探してください! プロの少年探偵のかつやく、第4弾!

今回の依頼人は、響くんの幼なじみの琴音さん。
すごい美人なうえに、なんと、花里グループのお嬢さま!響くんは、小さいころから、琴音さんにとってすごくたのもしいボディガードなんだって。
それだけ琴音さんが「特別な女性」ってことなのかな…? その依頼内容は「ぐうぜん助けた、記憶喪失の女の子・ミカちゃんの、過去を探してほしい」というもの。
ええっ、今回のナゾは「失われた記憶」!? いくら響くんが名探偵でも、難しすぎるんじゃない!?

少年探偵 響B  夜の学校で七不思議!?の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 680円+税
発行年月 2017年 6月15日
第6版  2019年 2月20日

「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵響」3巻(角川つばさ文庫のページへ)

◆すべての悪は、僕が止めます!

 響くんのかよう夏ノ瀬学園の七不思議は、ちょっと変わってるんだ。すべてが「妖精のしわざ」だと言われてるんだって。
 その七不思議をなぞるように、学校の中で不思議な事件が連続しておこったの!
 夏ノ瀬学園の生徒として、そして警察からの依頼された「プロの探偵」として、響くんは捜査に乗りだした。
 さらに、いつも響くんになにかと張りあう七音ちゃんまで、「どちらが先に謎をとくか、競争よっ!」と、おおはりきり。
 響くんの助手であるわたし・咲希もいっしょに、真夜中の学校に潜入することになって……えええーっ!


少年探偵 響 A 豪華特急で駆けぬけろ!の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 660円+税
発行年月 2016年10月15日
第8版  2019年 9月10日

「少年探偵 響」2巻(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)

◆響の「探偵の師匠」と、死闘とくりひろげてきた大悪党「教授」から、響あてに挑戦状がとどいた。
厳重に警備された豪華特急の中から、宝石「赤い精霊」を盗みだすという!
響といっしょに列車に乗りこんだ咲希は!?


少年探偵 響 @ 銀行強盗にたちむかえ!の巻


秋木真・作
しゅー・絵
角川つばさ文庫 660円+税
発行年月 2016年 4月15日
第7版  2019年 6月15日

「少年探偵 響」1巻(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵 響」1巻紹介ページ(角川つばさ文庫のページへ)
「少年探偵 響」特集ページ(角川つばさ文庫のページへ)

◆わたし、咲希。ミステリー小説やマンガがだいすき少女なんだけど……ある日、銀行強盗にまきこまれちゃった!
お話で読むのとはちがって、やっぱり怖すぎるよ…っ!!
そんな中で立ちあがった、白いジャケットすがたの男の子がいたの。
あざやかに犯人をつかまえただけでなく、警察も予想してなかった事件の裏のカラクリまで解きあかしてみせた、彼の名前は――白里響くん。
この子こそ、あこがれの「ホンモノの名探偵」にちがいないっ!